05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

京男と京男@ニュージーランド

お星さまの長男Josh(シェルティー)天災人間の次男、三男空(ラフコリー)と暮らすニュージーランドの日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

名店の心意気を引き継ぐ名店「和ごころ泉」 

京都の中心とも言える、四条烏丸
の、
南東の名もなき路地にあった名店「桜田」
ワタシはずぅ~っと前に一度、伺ったきりで
2,3年前、もう一度行ってみたいな
と、何度か予約を入れようとしたんやけど
そこは「名店」、思い立ってスグに予約が入れられるほど甘くはなく
なんとなく、そのまま行きそびれていたら、
なんと!
閉店されてしまったのです・・・(_ _。)クスン

その「桜田」のほど近くに、長年「桜田」で修行の後、独立された「和ごころ泉」さん
がありました。
こちらが昨年、「桜田」の後地に移転。

「桜田」がミシュラン2つ星であったなら、「和ごころ泉」も2つ星
正に師匠の心意気を引き継ぐ、こちらも名店です。



1703021.jpg


「和ごころ泉」さん、行ってまいりましたぁ
    食べログはコチラ☆☆☆


あ、一月の話しね ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


予約はニュージーランドから一か月くらい前に入れました。
それでも、第一希望だった日はいっぱいで、別の日で調整したんよ。
そこはほら、観光客強し(^^)vよ ヾ(  ̄▽)ゞオホホ






1703022.jpg


1月やったからかなぁ
朱塗りの杯で、一献いただきました。

席はカウンターで、奥のお部屋にテーブル席があるみたい。
カウンターと言っても、前で料理されてるわけじゃあなく。
一般的に言う、目の前で調理が見られる「割烹」とは違いますね。






1703023.jpg


先付=可愛らしい干支の器で






1703024.jpg


お正月らしく、数の子と紅白なます (やったと思うわ)(;^◇^;)ゝ






1703025.jpg


お椀は、京都やからね、白味噌のお雑煮 ヽ(≧∀≦)ノヤタ!!






1703026.jpg


向付=鮪とイカと、え~っと、たぶん鯛かな(^^;
お醤油と、お塩でいただきます。






1703027.jpg


八寸
これ、二人前やけどね、鰆も大きな身で、なかなかの食べ応え \(^o^)/






1703028.jpg


八寸の取り皿が、これまた可愛い新春らしい羽子板 (*´∇`*)






1703029.jpg


炊合=蕪蒸し、なんの?って?・・・聞かんといてぇ~(・・。)ゞ テヘ






17030210.jpg


ご飯はむかご飯
食べきれなかった分は、「折詰か、おにぎりにします」との事なので
そこはやっぱり、料理人のにぎるおにぎりをいただきたいやんね(^^)v

後からいただいた、このおにぎりが、美味しかったぁ (*^.^*)






17030211.jpg


杵と臼 (´∀`*)
このお菓子が、すっごい!美味しかってん
うん、何やったか思い出せへんねんけど ヾ(・・ )ォィォィ
思い出せへんのに、美味しかったって言い切るのもなんやけど
でも、美味しかってんって!!






17030212.jpg


最後にほっこりお薄をいただいて。

ご馳走様でした。



これでランチは8400円のコース
超ビックリやろぉ~

確かにね、ストレートな内容
ひねりはないかもしれん
とは言え、懐石の王道の内容を丁寧な仕事で。
このお値段でいただけるって、スゴない?!!
そりゃあ、予約がなかなか取れへんのもしゃーないね。
5000円のコースもあるみたいなんで、
ここはあえて、5000円コースがどんなものなのか、試してみたい気もいたします。
でも、夜のゴージャスコースも行ってみたいよね うふ♪(* ̄ー ̄)v




ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいな♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村




インスタグラムもよろしくね




スポンサーサイト

Posted on 2017/03/05 Sun. 18:33 [edit]

category: 京の和食

TB: 0    CM: 7

05

その名も「山地陽介」@祇園 

そう言えばフランスの名だたるシェフのお店も、イタリアのそれも
日本人からすれば、「カッコえぇ~」と思えるよーな店名やけど
実はみんな、シェフご本人のフルネーム、ってこと多いよね?!

京都にも、割烹だと大将の苗字が店名ってお店結構あるけど
洋系はどう?
フランス人シェフの「ステファン・パンテル」さんくらいしか思いうかばん。

そんな中、あるよーでなかった、シェフご自身のフルネームのお店が
2015年、祇園にオープン。
フランスで10年以上に渡り、活躍されていたシェフ山地陽介氏のお店です。
ランチで行ってまいりましたぁ\(^o^)/



1703011.jpg


フレンチ 「山地陽介」      ホームページはコチラ☆☆☆
                        食べログはコチラ★★★







中に入ると、ちょっと意外?



1703012.jpg


明るい広々空間


2階にも席があるみたいで、階段がまっすぐに伸びていて
テーブルとかの感じも有名シェフのお店と言うより
誰かのお宅、っぽくて、肩ひじ張らない雰囲気(^^)v






1703013.jpg


カウンターに席をご用意いただきました。




そして、例によって、1カ月以上なため、料理を忘れる 
たぶんもう、痴呆ぎみ・・・(´・_・`)


1703014.jpg


でも、見てわかる、海老とイクラ (≧▽≦)

ソースがとっても美味しかった
とは記憶してるけど、じゃあどんな味なんだよっ
と聞かれても・・・何事もメモらにゃならんな(^^;






1703015.jpg


こちらのお店のスペシャリテ
に、自分のカゲを思いっきり写してしまう、ザンネンさ加減(_ _ 。)クスン
カルボナーラ・・・風、イカ!!
これ、むっちゃ美味しいよ!!






1703016.jpg


お魚・・・が、何やったかは聞くだけヤボよ ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

お野菜を結構大き目に切り分けて、その物の色合いでこんなに華やかになるんやねぇ






1703017.jpg


お肉

この淡雪のよーな飾り付け、この前のヴィルゴラさんでもあったねぇ
上に乗ってる茶色いの、えーっとチーズかと思いきやチーズちゃうんやっけ?
それともやっぱりチーズなんやっけ? うーん、トリッキーやなぁ ヾ(ーー )ォィ
とにかく、この茶色いのが美味しかったんよ、何かは忘れたんやけどぉ ニャハハ(*^▽^*)






1703018.jpg


ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい   モンブラン大好きやからねぇ♪♪



そうそう、フェースブックを拝見したらね
バレンタインには、ジャン・ポール・エヴァン氏が来店されたそーよ
古いお付き合いだそーよ。オオーw(*゚o゚*)w
そう言えば、三条にカフェがオープンしてた。長蛇の列やったわ・・・



と言うことで、次回帰国時にはメモ持って(´▽`)
リベンジいたしたいと思います。
今度はディナーに行ってみたいな♪♪




ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいな♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村



インスタグラムもよろしくね



Posted on 2017/03/01 Wed. 13:07 [edit]

category: 京の洋食

TB: 0    CM: 7

01

祇園の居酒屋「きたざと」でプチ同窓会 

「祇園」と言うトコは、一昔前は敷居が高く
今は完全観光地化
結局、今も昔もあんまりお近づきになれる場所じゃあない。

そんな祇園は花見小路の一本西の路地、うなぎの「う」とかある道ね
建仁寺まで、もうちょっとって所に、そのお店はございます。


1702241.jpg


祇園甲部のつなぎ団子の紋章入りの提灯に、「きたざと」の文字
祇園らしい風情を漂わせながら、こちら居酒屋さんです。

祇園 「きたざと」   食べログはコチラ☆☆☆






1702242.jpg


料理屋さんか? 割烹か?って雰囲気やろぉ⤴⤴



今回は、こちらでまたまた4人だけのプチ同窓会 \(^o^)/


カウンターも個室もあったけど、4人なんで大部屋・・・って言う?(>▽<)

板張りなので、寒いかも?って言うんで、ひざ掛けとか用意しててくれて
気が利いてます。


お料理は居酒屋さんなんで、アラカルトで注文可(^^)v

メニューは「なにこれ?!」と思うような、変わったものはなくて
オーソドックス、シンプルなわかりやすい献立。
とは言え、もちろんサラサラ達筆筆書き系のメニューっす(^^)v




1702243.jpg


刺身盛り合わせに、奥は生麩田楽






1702244.jpg


豚角煮






1702245.jpg


京水菜とあげサラダ

これ、美味しいヨ






1702246.jpg


串揚げ






1702247.jpg


鶏ももの山椒焼き と、奥は小芋の唐揚げ






1702248.jpg


飲める友だち二人は、それぞれ好みの日本酒をクイクイっといってはりました。
ワタクシは、梅酒なんぞをチビチビと(^^;


他にも出汁巻きとか、なんか色々頼んでた気がするけど、写真はこんだけぇ(〃▽〃)エヘヘ

ご飯もお茶漬けやら炊き込みご飯やら、結構種類あったよ。
炊き込みご飯とお茶漬け頼んで、みんなでいただきました。


そうやねぇ
むっちゃ美味しいか?と聞かれたら、「フツーに美味しい」やね。
でも、このロケーションで、この値段、アラカルトやし個々に調整もきくしね。
京都の人によりは、京都外から来る方で、料亭や割烹は敷居が高いなぁ
と思う人や、子連れやけど京都っぽい雰囲気味わいたいって人にお勧めかな。
一人でもカウンターで気軽に飲めそうやしね(^^)v
知っておくと使えるお店やなぁと思います。

ワタクシたちも、結構長々とゆっくりさせてもらったし。
総合的に、いいお店でした。

このプチ同窓会、ワタクシがニュージーランドへ行ってから
もしくは、行くって言うてから、頻繁に会うようになって
この友だちだけちごて、いろんな人と距離は遠くなったけど
心は近くなったって言うの?そんな気がする今日この頃でございます。




ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいな♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村



Posted on 2017/02/27 Mon. 18:39 [edit]

category: 京の和食

TB: 0    CM: 3

27

「中善」のお正月料理 

もちろん、ニュージーランドやから真っ先に予約を入れたのは、
「中善」やんねぇ\(^o^)/
食べログはコチラ☆☆☆


が、実は一月は年に一度、たまった疲れを癒すため
長期の休みを取られる月なんよねぇ

ってことで、アブなかったぁ
明日からお休み、と言う前日に予約を取れた(^^)v

ところで、弟が偶然見たそうなんやけど
我が家が伺った翌週くらいに、テレビに出てたらしんよね
「中善」の大将の師匠である、菊乃井の大将が(今や、コマーシャルにまで出られてるよねぇ)
自分の行くお店、として紹介されていたそーな。
大将何も言ってなかったけど、教えてくれたら見たのになぁ ( ̄。 ̄;) ちぇっ
これでまた、予約が取りにくくなるんやろうなぁ


さて、今回は一月も初めに伺ったんで、めでたさ満載のお正月料理



1702201.jpg


先付は、赤飯蒸し 湯葉とウニが添えられて
この餡かけの出汁がねぇ もうここの出汁の味が好みすぎるぅ♪♪






1702202.jpg


お正月らしく、ド派手(≧▽≦)にやって来た向付は、明石の天然鯛
添えられているのはグリーントマト
緑のまま食べるのが正解なんやって!
シャキシャキで美味いっ






1702203.jpg


もう一皿、鮪と赤貝
中善さんで、本わさびの美味しさに目覚めたワタクシ
でも、辛味大根でサッパリいただくのも美味しい♪♪

これでも十分、肉厚たっぷりやのに、Kai氏はいつもトロが倍増( ̄- ̄メ)チッウラヤマシイぞぉ






1702204.jpg


これまた超目出度い感でやってきた器は
尾形乾山写し






1702205.jpg


グジの蕪蒸し

蓋を取った、中もステキやんねぇ (*^o^*)






1702206.jpg


八寸
今回、この小さ目の器にキュっと盛り付けられたのもまたいいねぇ
ナマコ、アンコウ肝、黒豆、カラスミ、ごまめ、車海老、辛子蓮根
お節なラインナップ

日本酒やろ?と思うここで、チチはワインをくいくいいってたね( ̄▽ ̄)






1702207.jpg


マナガツオの西京焼き
ここで白ご飯がほしいくらい






1702208.jpg


焼き蛤






1702209.jpg


今日はどこまでも目出度いのデス \(^o^)/






17022010.jpg


酢の物は雲子、大根、金時人参、ゆべし






17022011.jpg


えっとねぇ 二択やったんよね
Daddyさんとワタクシは合鴨鍋を、他の人は何選んだんやっけ?忘れた(^^;

もう、ここまで来たら、超~おなかいっぱいやからね






17022012.jpg


17022013.jpg


5人で伺ったんで、ご飯はカニ飯とウニ飯
2種類炊いてくれはった ヽ(≧∀≦)ノ

見よ、このウニのてんこ盛り状態!!
熱々ご飯と混ぜると、ちょーどいい具合に加熱されてなんとも言えない美味しさに・・・






17022014.jpg


白味噌のお雑煮と

白味噌大好き
これ、我が家のお雑煮と一緒
白味噌に丸餅のみ、具は一切ナシ、後は鰹節をかけるくらい
ワタシはこのお餅が、白味噌と一体化しそうなくらいに、トロトロにするのがスキなんよねぇ



この朱のお椀、蓋がまた





17022015.jpg


かわいい宝尽くし

最後まで、目出度いぞぉ






17022016.jpg


水物は、イチゴにイチゴアイス、ラスクに見えるのは焼き麩
野イチゴが葉っぱと共に添えられてます。
食べてもいいんよ、野イチゴも (´∀`*)


ハァ~ 今日も大満足 (>▽<)


次は一年後・・・悲しすぎるぅ




ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいな♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村




インスタグラムもよろしくね





Posted on 2017/02/20 Mon. 19:01 [edit]

category: 京の和食

TB: 0    CM: 7

20

小さな隠れ家フレンチ「レーヌ・デ・プレ」 

今回の帰国、ニュージーランドから予約を入れて楽しみにしてた
レストランが4軒

まずは、最初の一軒

丸太町通り、河原町と鴨川の間の細い道をちょっと下に入った所
ここん所のバス停を通勤で毎日使ってたMumさんは「外れ」
とは感じひんのやけど、やっぱ京都の外れ感あるんかなぁ?
そんな、京都に詳しくなければわかりにくいかも?な場所に
ひっそりと


1702171.jpg


フツーのお家のようなたたずまいで
「Reine des pres」  レーヌ・デ・プレ さんはございます。
お店のホームページは コチラ☆☆☆
食べログは コチラ★★★

ちなみにミシュランの1つ☆

ミシュランと言えば、京都には星の数ほど、
は言い過ぎでも、全部行ってみるのはMumさんなんかには
到底、(ヾノ・∀・`)ムリムリ ってな数の星付きレストランがあるけど
そのほとんどが、日本料理とか寿司とか「和」系であります。
「洋」系のレストランはほんの数件、片手で数えられるほど。
そのキチョーな一軒なのでございます。

そして、初めてミシュランが関西版を発行した時
京都の「洋」系のお店で星を獲得したのはたったの1軒
ブライトンホテルにあった、いまはなき「ヴィザヴィ」のみ
そこの料理長やったのが、「ラ・ビオグラフィ」のオーナーシェフ滝本氏
「ヴィザヴィ」で滝本氏の元、修行されたのが、今回伺った
「レーヌ・デ・プレ」の中原氏、と言うご関係。
現在、両店揃って、1つ星でございます。

と言う、誰かの受け売りはこの程度で、( ´艸`)ムププ

ほんとに小さな、テーブル3つ=6人でいっぱい
と言うような、こじんまりしたお店で
お料理はお任せのコースのみ。


まずは、


1702172.jpg 1702173.jpg


乾杯♪♪

同じワインでも、どんな感じで飲みたいか?によってグラスを使い分け

ま、ワインのことはMumさんに分かるはずもなし・・・やけど






1702174.jpg


いきなりお抹茶?!

のような、ほうれん草とハマグリのスープ

魚介の香り高い、濃厚やけどふんわりとしたスープ






1702175.jpg


そしてこちらが、

「師へのオマージュ」と題されている一言で言うと半熟卵
(いや、ほんまにいただいたメニューに書いてあんねん半熟卵って)

そう、「ラ・ビオグラフィ」でも、この玉子料理、出て来るよねぇ

もう、殻が割れるんちゃう?ってくらい、こそげるようにいただきます。(>▽<)






1702177.jpg


オマール海老のサラダ

ぷりっぷり♪♪

これをサラダって呼ぶんやねぇ






1702176.jpg


パンは冷めないように、箱に入って






1702178.jpg


最近のフレンチ

こーゆーお皿使い、多くないですか?






1702179.jpg


サザエのパスタ?

いえいえ、これが、おうどんやねん w(゚o゚*)w

同じ麺でも、のど越しよく、つるっと入っていくカンジ






17021710.jpg


お魚は鯛

メニューをいただいたから、何やったかはわかるけど
一か月以上もたつと、どんなソースやったかとか思い出せへんわ(^^;

美味しかったのは間違いなし






17021711.jpg


和牛のロースト






17021712.jpg


口直しに、キンカンのソルベ

キンカン好き
柑橘類の中でも和のイメージで、あの苦みがいいね






17021713.jpg


アップルカラメル

甘さを抑えても、濃厚で食べ応えのあるデザートって
やればできるもんやんなぁ
と、日本にて思う (´m`)



最後は


17021714.jpg


ミニャルディーズとお茶を

ちょぉっと小さすぎ?
でも、お茶も選べるし、ほっこりするね。


中原シェフも挨拶に出て来てくださいます。
シェフってほんま、すごいセンスを問われる仕事やなぁと思うわ。
味覚が優れてるだけちごて、盛り付けやら器選び、食材に通じ
季節や新しいものを取り入れ。

ほんで、そーゆーとこ、日本人て秀でてるし、作り手も食べる方も
食に対する探究心が強いなぁと思うね。


素敵な時間をと言う、シェフのお言葉通りのひと時、ありがとうございましたぁ
1つ、Mum家にはちょっと量が少な目です。( ̄∀ ̄*)イヒッ




ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいな♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村





インスタグラムもよろしくね




Posted on 2017/02/18 Sat. 18:57 [edit]

category: 京の洋食

TB: 0    CM: 8

18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。