05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

京男と京男@ニュージーランド

お星さまの長男Josh(シェルティー)天災人間の次男、三男空(ラフコリー)と暮らすニュージーランドの日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ニュージーランドケネルクラブの血統書 

ニュージーランドケネルクラブから空くんの血統書が届いております。


こんなん


1604251.jpg


太文字で、一番目につく所に書かれた注意書き

「NOT TO BE BRED OR SHOWN & NOT ELIGIBLE FOR EXPORT CERTIFICATE」


空くんは、ショーに出ることはできひんし、ブリーディングに使うこともできひん。
仮に空くんを繁殖に使っても、その子どもに血統書は出えへん。


日本で問題になっている、悪質なブリーダー
劣悪な環境で、繁殖犬としてただただ生かされている犬たち。

この注意書きを血統書に入れることができれば、
そんなコたちを、少しでも減らせるんじゃないのかな?

まだ、ジャパンケネルクラブはこの仕組みを取り入れていない?


もう、10年ほど前やけど、頼まれてDaddyさんがアメリカから連れ帰った
ティーカッププードルがいた。

引き取った飼い主さんは、それはそれは、そのコを可愛がって
育ててはいた、けれど

そのコを繁殖に使ったんよね。

アメリカの血統書には、空くんと同じ但し書きがあって、
ブリーダーさんも、体格的にもこのコは繁殖には使えない
使わないでって言ってたんやけど。

アメリカの血統書から、日本の血統書に書き換えた時
この但し書きは消えたんよ。
当時のジャパンケネルクラブには、そんな但し書きは存在しなかった

今はどうなんかな?


ジャパンケネルクラブには、悪質なブリーダーを取り締まる
やれることがあると思うんやけど。




ジャパンケネルクラブのJoshさんの血統書


1604252.jpg



犬を飼いたいと思ったときに、
保護犬を引き取ると言う方法もあるやろう。

けど、

そもそも捨てられる犬、不幸な環境で暮らす犬
そんなコたちが一匹もいなければ、保護犬なんて言葉すら
必要なくなるんやんね。

犬たちそれぞれの特性を理解し、
適切な環境でブリーディングされたコたちを
ブリーダーから譲り受ける。
そんな仕組みが確立していれば、不幸なコたちが生まれるはずもない
そう思うんやけれど・・・


1601041.jpg


それはそーと、空くんの血統書のカラー(色)

トライって、なってるねんけど・・・


どー見てもセーブルやろっ ゞ( ̄∇ ̄;) オイオイ


出たよ、ここでもテケトーさ (≧▽≦)キャハ




セーブル度はんぱない、トライ( ̄∇ ̄)の
空くんに応援クリックお願いしまぁす。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Posted on 2016/05/29 Sun. 18:30 [edit]

category: 犬との生活@ニュージーランド

TB: 0    CM: 7

29

コメント

空君と血縁かな!? 

思わず花音さんの血統書引っ張り出して見比べちゃいました!!
空君、繁殖は置いといて、なぜショーに出してはいけないの!?

血統にCOLYDORってないですか!?
NZ最大のCOLLIEのブリーダー(ブリーダーさん高齢のため既に廃業しました)で、花音さんはその血統です^^

URL | 流花・桃花ママ #YdS7deEs | 2016/05/29 20:51 | edit

 

トライってどんな色だろうか調べてみたら
ブラック&ホワイト&タンと書いてあった
黒ね・・・

繁殖犬として生かされてる犬たちを想像してしまった
怖すぎる

URL | John.John #WwJZAUYQ | 2016/05/30 10:52 | edit

 

トライ⬆️、JJ兄調べてくれてありがとう。笑

繁殖させていけないのは、オーナーがちゃんとブリーダーとしての資格がいるの?
それとも遺伝子の問題?

いろんな問題があるんだね。

URL | かおり #4kFlAVwc | 2016/05/30 14:26 | edit

 

流花・桃花ママさんへ
見てみましたが、COLYDORはなかったですぅ
空が生まれたのは、クライストチャーチ郊外アシュバートンのブリーダーさんですが、空ママはハミルトン近郊のブリーダーさんの犬なんです。
ニュージーランドもコリーブリーダー少ないですよねぇ
まだ空の妹犬のトコのコたち以外に、会ったことないです(^^;


John.Johnさんへ
そうです。ようするに黒(笑)
トライって犬飼いにとっては当たり前の言葉だったんですが
そうですね、知らない人はなに?それ?でした(^^;

悪質ブリーダーの繁殖犬たち、ほんとうに悲惨なただ生きているだけの生活なんです・・・


かおりさんへ
ブリーダーが、犬たちにちゃんとした生活をさせた上で、ブリーディングするには、それなりの費用がかかるやん?
となると、生まれた子犬もそれなりの金額で売らなければならないわけで。
勝手にその辺で自分の家の犬に生ませて、安価で売られると、ブリーダーはやっていけなくなる。
そうすると、工業製品みたいに、子犬を安く大量に生産しよう、って言う輩が出て来るわけで
物じゃなくて、生き物だからね、安くできればいい、と言うものではないよね。
日本には、そーゆー悪質なブリーダーが少なからずいるの。

URL | Mumちゃん #- | 2016/05/30 18:39 | edit

 

色々考えさせられるよね、犬の繁殖。
みんなお金儲けにはしるからねー(^^;;

URL | coo #- | 2016/05/31 00:49 | edit

 

日本もブリーダーには、認可が必要なのですけど(年に一度?の講習会とか)、悪質なブリーダーはいますよね。
そのコメント、日本の血統証にも記載してほしいですよね。
空くん、トライでは無いですね〜、おそらくピュアセーブルですよね〜σ^_^;

URL | mimi #K44/7rhc | 2016/05/31 07:56 | edit

 

cooさんへ
まぁ 仕事としてやってはるんやから、
儲からへんかったら成り立たへんのも事実
難しいよね・・・


mimiさんへ
保健所かなんかに、立ち入り検査とかしてもらいたいですよね。

空くん、最初はあったうり坊みたいな黒い線も消えて、
完全セーブルなんですけどねぇ
ってか、セーブルのコをって希望して来たコなんですけどぉ(笑)

URL | Mumちゃん #- | 2016/05/31 13:15 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyootoko.blog50.fc2.com/tb.php/1156-a1970c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。