02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

京男と京男@ニュージーランド

お星さまの長男Josh(シェルティー)天災人間の次男、三男空(ラフコリー)と暮らすニュージーランドの日々

ハミルトンの鉄板焼「大黒」へ 

ほんまは違うレストランに行こうとしてたんやけどね

お休みやったんよ。

で、気になっていたこちらへ

鉄板焼やし、高いんちゃうかな?と思って

「Kaiの誕生日が近いし、誕生日ディナーってことで」

と、こじつけて ( ̄∀ ̄*)イヒッ


結論から言うと、25%オフになるエンターテイメントブックを持ってたんもあって
意外とりーずなぼ~やった(^^)v



1608021.jpg


結構広い店内の、半分が鉄板焼で、もう半分は日本料理屋さんスタイル。
キッコーマンの醤油ビンに目が釘付けやったけど(^^;

10人くらい座れる長テーブルに鉄板がのってて
ちょうど同じくらいに入店すると、相席になる仕組み。
鉄板テーブルは7,8個あったよ。
(ところでイスは一脚、テーブルはなんて数えるん???)


Daddy&Mumさんは、チキンにビーフにエビもついたスペシャルに
Kai氏は照り焼きビーフ



1608022.jpg


別にお刺身の盛り合わせも (* ̄∇ ̄*)

運んで来てくれた店員さんは、アジア系やったけど日本人じゃなかったためか
向きがあることを考えず、反対向きに置いていった・・・( ̄∇ ̄;)

せっかくちゃんと、向きつけて盛り付けするんやったら
教えたらええのにね・・・ザンネン

ま、ええけど
美味しかったから(* ̄ー ̄)v




1608023.jpg


付き出しとサラダも付いてますぅ


焼いてくれたのは、インド?パキスタン?そんな系のおにーさん

まずは、コテ?のパフォーマンスから

で、エビを焼いてくれた後、
野菜を
玉ねぎをピラミッド型に積み上げていって、



1608024.jpg


ボルケーノ~♪ って (*^▽^*)

炎のあと、ちょうど上から煙が出るんやけど
笛を出してきて、「ポッポォ♪♪」
隣の席の小さいコは、むっちゃ喜んでた。





1608026.jpg


お次は、玉子をびよ~~んと伸ばして焼いて、
タタタタタタっと早切り
そして、細かくなった玉子を、コテで飛ばして口に入れてくれる(^^;
Mumさんは遠慮いたしましたが、DaddyさんとKai氏やって、
Kai氏は2回目に見事キャッチいたしやした。(゚∇^*)

で、この玉子を何に使うかと言うと



1608027.jpg


チャーハン

なぜ? メイン(肉)の前にチャーハン?
なぜ? 皿の上に?
と、言う疑問もあるけど、
まぁ ええや ('ー') フフ

Kai氏のについてたんは、白ご飯やったんで
一口食べたあと、交換して上げた。
恩着せがましく交換してあげたけど、
実はすごいオイリーやったから ( ̄ー ̄)ニヤリッ


そして、ご飯のあとに、いよいよメイン



1608028.jpg


もちろん、こちらも





1608029.jpg


ファイヤ~~~



最後には



16080210.jpg


お塩を使って、しかも逆から \(^o^)/



エンターテイメントとして、とっても楽しめる趣向

お隣のキウイ(ニュージーランド人)たちは、大喜び
我が家は、まぁ 小喜び?くらい?ヽ(´▽`)/へへっ


たぶんね、Mumさんはニュージーランドの日系レストランに厳しすぎる
・・・かもしらんね。
日本料理こそ、日本と同じに行くハズないねんから、寛大にならなあかんよね。
味は家で作れるレベル(大きく出たな)・・・とか、そんなん言うたらあかん。(>▽<)

Kai氏はすごい気に入ってはったし。

Daddy&Mumさんのんは、2人分セットで、エビとチキン&ビーフ
サラダにチャーハンとデザートもついて、$60ってかなりお得
だから、チキンもビーフも普通のスーパーレベルとか言うたらあかん。

人に作ってもらってること。
エンターテイメント性を考えたら、コスパええと言えるよこれは。



16080211.jpg


Daddyさんは、デザートのアイスを、天ぷらアイスにアップグレード 

居酒屋さんにあるよね、たまに。


結論、お楽しみなら鉄板焼
料理を楽しむなら、反対半分の日本料理に行ったほうがええと思う。
お刺身は美味しかったデス。



帰国したらブライトンホテルの鉄板焼に行こう!!
と思ったMumさんに、応援クリックお願いしまぁす。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Posted on 2016/08/03 Wed. 19:27 [edit]

category: ニュージーランドのレストラン

TB: 0    CM: 9

03

コメント

 

こんちはー。

数年前にハミルトン行ったとき、ここに立ち寄ってランチ食べたよ。
オークランドよりお値打ちやったように思う。

いっつも鉄板焼きに行ったら、「どれくらい練習したらそんくらいできるようになるんですかー」ってありきたりな質問をする私。

ホンマおいしそう!

URL | tomtom #- | 2016/08/04 07:09 | edit

 

美味しそうで楽しそう
でも、お料理って、どこのも向きがあると思ってた
チャーハン以外は
NZは、無いこと多いの?

URL | John.John #WwJZAUYQ | 2016/08/04 16:36 | edit

おおぐろ? 

読み方最初忘れてた。
鉄板のショー=和食と思っている外国人って多いよね、きっと。
休みじゃなかったらどこのレストランに行きたかったのかが気になるなぁ。

昔私も、こんな感じの鉄板やる和食店で働いていたけど(シドニーで)、従業員はみなさんタイ人で、オーナーのひとりが日本人というだけで、あとはガイジンばかりのスタッフ。
繁盛してたよ。
でもミソスープを食膳にスープとして出していた・・・・のは、いまでもおかしいと思う。たしかにスープだが・・・。

URL | ひつじ #d13JL4Hw | 2016/08/04 17:11 | edit

 

tomtomさんへ
そうそう、ランチがお得らしいよ(^^)v
今度、ランチに行ってみるわ。

日本の鉄板焼は、炎ゴォ~はやるけど、こんなショーは
しぃひんもんねぇ
みんなこれ習って、お店開こうと思ってるんかな?(笑)


John.Johnさんへ
う~~ん、シェフ的には向きあると思うんですけど・・・
給仕する人にまで、その概念が徹底されてるお店が
少ない・・・のかな(^^;


ひつじさんへ
おおぐろ・・・それ、ヤバいで(爆)

鉄板焼屋さんで働いてたんやぁ
せっかくやし、習っといたらよかったのにぃ
なんで、海外でだけ、こんなショーするようになったんやろね?
日本国内のお店で、ここまでするん見たことないねんけど(^^;
このお店の味噌汁も、大きな声(本文)では言わへんけど(笑)
家庭以下やった・・・

URL | Mumちゃん #- | 2016/08/04 20:06 | edit

 

Daikoku オークランドもある!
日本人には不評やけど、NZ人には人気
くそまずいウマウマソースだかなんかあったでしょ

URL | Kay #- | 2016/08/04 22:17 | edit

 

お家で鉄板買う?(笑)
まあ日本料理には厳しくなるよね。
美味しくあって欲しいという期待もあるよね。

URL | coo #- | 2016/08/05 08:25 | edit

 

Kayさんへ
同じ経営なんかな?
パフォーマンス、エンターテイメントとしては面白いけど
料理は全くフツーやんね(^^;
チャーハンはワタシは食べられへんかったわ。
ヤムヤムソースって、キューピーそのままなんちゃうの?


cooさんへ
そうやねん。
日本料理と称して、外国人が経営してるんならまだ許すけど
日本人経営、日本人シェフやと、「恥を知れ」とか思ってまうんよねぇ(^^;

URL | Mumちゃん #- | 2016/08/05 18:53 | edit

こんにちは 

鉄板焼きって外国に居るとむしろ食する機会が多い気がします。
最近は行きませんがハワイとか鉄板焼き屋だらけですしね。

しかしそのメッセージを反対から書くというのは、エンタメとしては合格ですね。見てみたいです。

食いつきたいのはここなのですが京都ブライトンホテルの鉄板焼きは有名なのですか?以前は良く泊まっており、どうしても朝がゆにしか目がいきませんでした。

URL | けーいち #8.HAbWks | 2016/08/06 16:06 | edit

 

けーいちさんへ
海外の鉄板焼は、日本のとは別物として、一人歩きしていってますよね。
もし、本場のと思って、日本で外国の人が鉄板焼きに行ったら
ガッカリするかも・・・笑

ブライトンのが有名かどーかはわからないのですが、特にランチは
コスパもいいし、美味しいしお勧めです。
ブライトンのレストランは、どこもハズさないです。
ホテルとしては、ちょっと古くなってますけどねぇ。

URL | Mumちゃん #- | 2016/08/06 19:33 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyootoko.blog50.fc2.com/tb.php/1257-766be279
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list