06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

京男と京男@ニュージーランド

お星さまの長男Josh(シェルティー)天災人間の次男、三男空(ラフコリー)と暮らすニュージーランドの日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

お別れ 

Joshのために、ご心配いただき、たくさんのコメント、鍵コメを

いただいていましたのに、ご報告が遅くなってしまいました、ゴメンなさい。


なかなか、気持ちの整理がつきませんでしたが、

いえ、今でもついてはいませんが、1週間がたってしまったので・・・・・・


4月7日夜9時頃、Joshさんは一人、虹の橋を渡って逝ってしまいました。



私たちが、病院に駆けつけたときには、もう意識がなく、

先生が注射で、無理やり心臓を動かしている状態でした。


前日の手術後は、麻酔から順調に覚め、

「どうしますか?今は落ち着いていますが」と言う言葉に

入院させることがかわいそうだと思い、自分で歩いていたので、

家に連れて帰りました。


あの時、あのまま一晩入院させていたら?

いえ、検査のための手術などしなければ?


土曜の夜、何度も吐いたJoshを翌朝、病院に運び込んだときも、

それでもまだ、そこまで深刻だとは、全然思えなくて

何日か入院することになっちゃうのかな?

くらいに考えていました。

お昼に面会に行ったとき、ぐったりはしていたけれど、

点滴で、嘔吐はましになってきたと言っていたし

ずっと携帯は気にしていたけれども、ほんとにかかってくるとは思ってなかった


先生から、「Joshさんが危ないので、来て下さい」

と、電話がかかった時は、青天のへきれきで・・・・・・・


どうして、こうなったのか

なにがいけなかったのか


同じ年頃のお友達の中でも、一番元気で、一番若々しくって

手術当日に病院で会った方からも

「えぇっ?!?! 13才なんですか?!!」

「毛艶もいいし、若々しいですねぇ」

って、言われたくらいなのに・・・・・・・・




下痢がずっと治らず、えづきで、食べられない日が、少しずつ増えて

薬をどんなに替えても効果がなく

あのまま少しずつ、弱っていくことが、よりJoshを苦しめることになったのか

手術後、入院させていたとしても、数日もっただけだったかもしれない

今回の検査で、腫瘍が見つかったので、病気と闘わせることになったかもしれない

これが一番、Joshの苦しみを短くする結果だったのかもしれない


もう、結果は出てしまったのに、やり直しができるかのように

ずっと自問自答を繰り返して

いつまでも、答えを出せずにいます。

答えは出てしまったいるのに・・・・・・・





病院から連れ帰ったJoshは、眠っているだけのような穏やかな寝顔で

相変わらず、ツヤツヤの毛が、光っていて

人間と違って、毛があるので、触っても、いつも通り、ふわふわで

とても、逝ってしまったとは思えませんでした。



荼毘に付した後も、骨がぼろぼろになったりすることもなく

Joshさんそのままで

そして、相変わらず大きなままで、おうちに帰ってきました。


よく、もたれてうとうとしていたチェストの上で、

たくさんのお花に囲まれて、私たちのほうを見ています。

きっと、「お花って食べられるの?ウマウマのほうがいいのになぁ」

って、思っていることでしょう。



無償の愛と言う言葉を教えてくれたJoshさん

私たち家族を愛し、全幅の信頼を寄せてくれたJoshさん

最後にその信頼にこたえ切れなくて、ごめんね

ウチのコになってくれて、ありがとう

我が家を選んでくれて、ありがとう


最後になってしまいましたが、Joshさんをかわいがってくださったみなさん

ありがとうございました。






1303181.gif





1302266.gif





1302267.gif





1302268.gif





1302269.gif





1303182.gif



最後は、外に出たがって、大好きだったこの芝生の上に、バッタリと倒れこみました。



Joshの大好きだったおうちで逝かせてあげられなくて、ゴメンね





いつかまた、会える日まで・・・・・・・
スポンサーサイト

Posted on 2013/04/14 Sun. 23:19 [edit]

category: Joshのツネ

TB: 0    CM: 31

14

コメント

 

初めまして
きっと今は何も考えられない事ともいます。
私も1年半前に13歳半のラブを突然亡くし、今もそのかげを引きずっています。

Josh君を見るのがその後の楽しみになってました。
今は何を言ってもおつらいだけだと思います。
その中で、お知らせくだすったこと本当に感謝しております。

ご家族に愛されらJosh君は幸せな人生を過ごしたことでしょう。
どうか、ご家族の皆様のお心が少しでも平安に戻られますようにカリフォルニアからお祈りしております。

虹の橋の向こう側にはお友達もいっぱい待っていてくれる事でしょう。
うちの子も(ちょこっとチャビーでくいしんぼう)おりますよ。

今まで楽しい姿で私の心を癒してくれて本当にありがとう。

URL | mufmuf #- | 2013/04/14 23:55 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 06:47 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 07:38 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 08:04 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 08:06 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 08:56 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 09:35 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 09:37 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 10:31 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 11:54 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 13:26 | edit

 

泣けて泣けてなかなか最後まで読めんかったわ。
先代のラナも病院で逝っちゃった。
私が見舞った後の帰り道に急変の連絡あってそれきり。
翌日には連れて帰る予定だった。
あの最後の顔が今も忘れられなくてまだ後悔してる。
ラナにもう一度会いたい・・・
でも、どうしても治してもっと一緒にいたかった。
どんな選択してもしゃべれないワンコとの間には後悔が残るよ。
みんな後悔してる。
Mumさんだけじゃないよ。

いつも癒してくれてありがとねー!
おやすみ Joshさん。

URL | eri #yl2HcnkM | 2013/04/15 15:14 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 15:18 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 16:42 | edit

 

元気出してくださいね。

URL | たけとら #RHoaKUXI | 2013/04/15 18:39 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 20:44 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 21:22 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 22:58 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 23:44 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/15 23:58 | edit

 

だめだ…コメ書こうと思うと画面がかすんで
どうにもならん
ルナのことを思い出して仕方がない

Mumちゃんもお疲れ様だったね

URL | ルナコ #- | 2013/04/16 09:28 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/16 11:19 | edit

 

はじめまして。
ルナコちゃんやeriちゃんつながりでこちらにはじめて伺わせていただきました。
かけがえのないご家族のJoshさんを亡くされたのですね・・・。
本当に本当におつらいと思います。

私も長年一緒だったわんこビッキーの写真をいまだに眺めては、泣いてしまいます・・・もう16年前のことなのに。
股を広げたしょうもない写真ばかりなのですが(笑)、笑いながら泣けちゃうんですよね。

亡くなるときの1週間は思い出すのもつらいのですが、今はきらきらした思い出が私を泣かせたり、元気づけてくれたり、思い出し笑いさせてくれます。

生きていたときとおんなじ気持ちにさせてくれるんですよね。

なかなか心が落ち着くまではおつらいことと思います。
でも、ご家族やブロ友さんたちに愛されてたJoshさん、幸せだったことと思います。

長くなりましたが、元気をだしてくださいね。

わんこ大好きなお仲間として、初コメさせていただきました。







URL | ちかお #L1ch7n1I | 2013/04/16 13:24 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/16 16:53 | edit

 

あの寒いオフ会で会ってくれて
ありがとう、Joshさん

ショックで、言葉もないです

おかけする言葉も思い浮かばないけど
JoshさんはMumさんの家族で幸せだったと
思います
安らかに、ありがとう

URL | ソルティドッグ #- | 2013/04/16 22:58 | edit

 

一期一会だねえ。Joshに会えてよかった。がんばれ。

URL | uta #FvEjKfs. | 2013/04/17 07:50 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/17 08:52 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/04/18 00:55 | edit

 

はじめまして。
時々、読ませて頂いておりました。
日生ちゃんの所で、『お花を、云々』の件に嫌な予感がして。。。。

何とも残念です。
家の中の何を見ても、外に出て何処に行っても、Joshさんを思い出して涙が出ることでしょう。
お辛いですね。
お掛け出来る言葉も見つかりませんが、ご家族の皆さんが、体調を崩されませんように。
どうぞご自愛くださいませ。

日生ちゃん繋がりで、何時か会いたいと思っていたJoshさん、とてもとても残念です。
ほのぼのとした気持ちを与えてくれたJoshさん、ありがとう。
安らかにお休みください。

URL | chiaki #PBpcXgGs | 2013/04/25 13:43 | edit

 

初めてコメントを書かせていただきました。

いつも、よつばのかーちゃんさんのとこから、こちらのブログを拝見させていただいてました。

久しぶりに拝見してビックリしております。

なかなかオフ会に参加できなかったので、一度も会えずにお別れなのが残念です。

しばらくは何処を見ても思い出すと思いますが、くれぐれもお体には気をつけて、頑張って乗り越えてください。

URL | ゆかたま #- | 2013/05/03 01:38 | edit

 

ご無沙汰しています。
最近ブログサボりっぱなしで、久しぶりにJoshくん&kaiくんの様子をのぞかせてもらい、言葉をなくしてしまいました。

いつかはその日が来ることはわかってはいても、なかなか受け止められませんよね。
またいつか、会える日を楽しみにしていたので残念でなりません。
Joshくん、ハルとなずなと仲良くしてくれてありがとう。
Mumさん、Daddyさん、Kaiくんお疲れが出ませんように。

URL | はるさめ #- | 2013/05/07 11:21 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyootoko.blog50.fc2.com/tb.php/693-de9c1531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。